私たちが暮らす日本の国土の約7割が森林です。森林は、豊かな水や生態系を育み、日本の環境を支えてきました。
また、平成9年に採択された「京都議定書」で、我が国は、第1約束期間(平成20~24年)に、平成2年比で温室効果ガスの総排出量を6%削減することを国際的に約束しました。
これを受けて、政府は「京都議定書目標達成計画」を策定し、「京都議定書」の削減目標6%のうちの約3分の2にあたる3.8%(1,300万炭素トン)を国内の森林による二酸化炭素吸収によって確保することを定めました。 「京都議定書」の目標を達成するためには、省エネなどによる排出抑制とともに、森林による吸収量を確保していくことが必要です

しかし、我が国の森林は、林業の採算性の悪化や山村の過疎化などにより手入れが行き届かなくなり、森林の「植える-育てる-収穫する」という循環がくずれ、森林のチカラが弱まっています。このままでは「京都議定書」の森林吸収目標の達成が危ぶまれるだけでなく、かけがえのない森林の機能の低下が危ぶまれています。
我が国の森林の本来のチカラを取り戻すためには、手入れを必要とする多くの森林に人が積極的に関わり、育てなければならないのです。
かけがえのない森林を守り育て、二酸化炭素吸収量を確保するためには、多くの人々が森林づくりに参加し、間伐材などの木材を生活の中で活かし、林業や山村を活性化させ、「植える→育てる→収穫する→上手に使う」という「森の循環」を取り戻すことが必要です。 そうなれば、日本の森林は“元気な森”に生まれ変わります。

森林(もり)は、私たちのくらしの 礎(いしずえ)です。

それは今も昔も、未来も変わりません。 森林は、水をかん養します。生活に必要な基礎素材を持続的に生産します。心身を癒してくれます。伝統文化を育んできました。ふるさとの風景をつくります。多様な生き物たちのすみかです。二酸化炭素の吸収源として、地球温暖化防止の役割もクローズアップされてきました。

緑の多様な働きのすべてを市場価値で計ることはできませんが、私たちが生きていくうえで欠かすことのできない人類共有の財産です。

しかし、その緑が活力を失いかけています。

先人たちの努力により、今も国土の7割近くが森林に覆われていますが、木々の手入れ不足が目立ってきました。山村の人口が減り、森林の働き手も足りません。せっかく育てた木材も使われずに放置されています。里山の野生動物にも異変が起こっています。

どうしたら、美しい森林を再生できるのでしょう。

みんなで知恵を出し、行動を開始しなければなりません。森林づくりに励む人々に、元気を取り戻してもらいましょう。都市住民・企業も に目を向けましょう。生活に木を取り込み、森林のくらしを見直しましょう。

豊かな森林の恵みを引き出し、科学技術と自然が共存する新たな文化とライフスタイルを築くために、「伝えたい木の文化、残したい美しい森」を合言葉に次のような行動に取り組みたいと思います。

美 しい森林 ( もり ) づくり全国推進会議は、会員の合意に基づいて、次のような活動を活動 を行います。

(1) 里山整備、森林環境教育、生物多様性の保全等の取組の推進
(2) 企業やNPO等のボランティアによる 森林 ( もり ) づくり活動の推進
(3) 国産材利用の推進や国産材製品を取り入れたライフスタイルの拡大
(4) 森林 ( もり ) づくりを担う人材の確保や山村地域の活性化を図る取組の推進
(5) その他美しい 森林 ( もり ) づくりを進めるために必要な活動