運動の主旨|美しい森林(もり)づくり全国推進会議


私たちが暮らす日本の国土の約7割が森林です。森林は、豊かな水や生態系を育み、日本の環境を支えてきました。
また、平成9年に採択された「京都議定書」で、我が国は、第1約束期間(平成20~24年)に、平成2年比で温室効果ガスの総排出量を6%削減することを国際的に約束しました。
これを受けて、政府は「京都議定書目標達成計画」を策定し、「京都議定書」の削減目標6%のうちの約3分の2にあたる3.8%(1,300万炭素トン)を国内の森林による二酸化炭素吸収によって確保することを定めました。 「京都議定書」の目標を達成するためには、省エネなどによる排出抑制とともに、森林による吸収量を確保していくことが必要です
しかし、我が国の森林は、林業の採算性の悪化や山村の過疎化などにより手入れが行き届かなくなり、森林の「植える-育てる-収穫する」という循環がくずれ、森林のチカラが弱まっています。このままでは「京都議定書」の森林吸収目標の達成が危ぶまれるだけでなく、かけがえのない森林の機能の低下が危ぶまれています。
我が国の森林の本来のチカラを取り戻すためには、手入れを必要とする多くの森林に人が積極的に関わり、育てなければならないのです。
かけがえのない森林を守り育て、二酸化炭素吸収量を確保するためには、多くの人々が森林づくりに参加し、間伐材などの木材を生活の中で活かし、林業や山村を活性化させ、「植える→育てる→収穫する→上手に使う」という「森の循環」を取り戻すことが必要です。 そうなれば、日本の森林は“元気な森”に生まれ変わります。

Next post: